2007年12月04日

語言大学の食堂と図書館

 こんにちは〜exclamation×2一ヶ月ぶりに更新するキヨトですわーい(嬉しい顔)

 最近大学内から一歩も出ない日が続いています…もうやだ〜(悲しい顔)なぜかというと大学内には日用品が手に入る雑貨店があれば様々な種類のおいしい料理がたくさんある食堂もあり、髪が伸びても心配無用の床屋もあれば勉強に疲れたら気晴らしになる綺麗な場所もあるからですいい気分(温泉)

 最近の一日の行動はというと本当に図書館に籠もりっきりで勉強していますグッド(上向き矢印)悲しいことにここ2,3週間本当にどこにも遊びにいってないのですバッド(下向き矢印)その代わり日本の図書館にはない中国の大学にある図書館の変わったルール(?)を発見しましたるんるん

 私は毎朝授業が始まる前(8時から12時まで)に図書館に行き、少し勉強してから席に本を置いたまま授業に臨み、授業が終わった後昼ごはんを食べて、少し散歩した後また図書館に戻って勉強というような繰り返しですモバQ

 皆さんもお気づきだと思いますが、本を置いたまま授業に臨んだら人が戻ってくるまで他の人が使えないじゃないかどんっ(衝撃)と思われると思いますむかっ(怒り)

 他の中国の大学はどうか知りませんが、北京語言大学は大学の敷地面積と学生の数が適してなく、土地は小さく学生多し…みたいな状態ですたらーっ(汗)昼ごはんの時なんて人だらけでご飯を買いに行くのも物凄い人の波に揉まれてやたら疲れるし(日本と違って列がないのです)、買った後も人の流れは止まることなく食欲がなくなるほど本当に凄まじいのですふらふらもう北京に来て3ヶ月近く、いい加減慣れましたが…爆弾

 話しは戻って図書館についてですが、私の勝手な見解からすると北京語言大学に通っている学生は人が多すぎて席を確保してから授業に行くなりご飯を食べるなりしないと勉強ができる場所がなくなるのだと考えていますexclamation&question

 あまりの多くの学生がこの方法(席に本を置いたままどこかへ行く)を取っているため、北京語言大学の学生は先に席を確保したものがその席に座る権利があると勘違いしているみたいですひらめき例えば席を確保した人が席を離れ、戻ってきた時に他の人が席に座って勉強しているのを見かけると、席に座っている人を追い出す権利が最初に席を確保した人にはあるみたいです爆弾

 ここでちょっと不思議に思うのが、図書館に設置してある席は個人のものではなく、大学のものビル先に席を確保しようがしまいが誰にも席に座って勉強している人間を退去させる権利なんてないハズダッシュ(走り出すさま)私も勉強できる環境がほしいので朝早く図書館へ行き席を確保し、授業が終わった後また図書館で勉強していますが、他の人が私の確保していた席に座って勉強していたら他の空いている場所を求めてその場を去るようにしていますふらふら

 処世の法として「郷に入っては郷に従え」(中国語は入郷随郷)という言葉がありますが、やはり元々は良くない行為なので堂々とここは俺の席だから退いてくれというような態度はとれず、度々集中して勉強できる機会を見逃してしまいますバッド(下向き矢印)

 一週間前は4日間連続の中間テストとHSKの地獄の週でしたあせあせ(飛び散る汗)この一週間で今まで生きてきた分の勉強量を凌ぐ勢いで勉強したのではないかと思えるくらい頑張ったのですが(かなり大げさ)、最近になっても全然そのやる気の炎は衰えることがありませんるんるんどうやら図書館で一生懸命勉強している中国の学生を見て私も勉強好きになったみたいですひらめき私も彼らの熱心さを見習ってこれからもしっかり勉強し、更なる飛躍を期待しながら頑張っていくつもりですぴかぴか(新しい)

それではまた、何か面白いことがありましたら更新しますわーい(嬉しい顔)また会う日まで〜手(パー)


《おまけ写真》

お昼の食堂1     お昼の食堂2

              中国パワーに圧倒です     何を売っているのか確認できません

図書館1     図書館2

                 みんな勉強熱心          けど本置きっぱなし…

posted by 国際交流室スタッフ at 02:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 国際交流室スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

誕生日会とお寺参り

 こんにちは〜exclamation×2いつも元気満タンなキヨトですわーい(嬉しい顔)今回はクラスメイトの誕生日会の様子と学校が企画したクラス単位の活動について書いていこうと思います位置情報

 先日、私のクラスメイトの一人、インドネシア人の友達が誕生日を迎えるということでパーティーを開きましたバースデー開催場所はなぜかタイ料理店exclamation&question彼の誕生日会なので彼の国の料理で持て成してあげればいいじゃないかと提案したところ、どうもインドネシア料理とタイ料理は使用する調味料や素材がほとんど同じなので、大学から歩いて近い都合の良い場所に決まりましたるんるん

 国の位置から考えると決して近くなく、ちょっと不思議に思いましたが、へーそうなんだとおいしく料理をいただきました爆弾参加人数は15人ほどで費用は一人50元(約800円)あせあせ(飛び散る汗)日本で一食に必要とする費用と考えればそこそこですが、ここは中国レストラン結構痛い出費でしたふらふら50元あれば大学の食堂で4日は満足に食べられるからですひらめきもちろんめでたいことなので惜しみませんが、こういう時に日本と比較すると、良く利用する大学内の食堂と比較すると、という風に考えるのがとても面白いのでちょっと書いてみましたいい気分(温泉)

 そしてその翌朝、北京市内からバスで一時間ほど離れた郊外にある潭柘(タンジャ)寺という場所へ見学に行きましたわーい(嬉しい顔)

 現地に到着するまでは山登りと聞いていて張り切っていたのですが、着いてみると少し背の高い丘に位置する寺ばかりの厳かな雰囲気が漂う神聖な場所ぴかぴか(新しい)最初はたくさんのクラスメイトがここでは遊べないじゃないかと言わんばかりに少しがっかりしていたのですか、さすがは賑やかな私のクラスメイト達爆弾見学とは名ばかりのピクニック、お寺見学はそっちのけでおしゃべりや写真撮影に精を出して、皆でとても楽しく過ごせましたるんるん

《おまけ写真》
誕生日パーティー

おめでとう!     我がクラスの娘たち
おめでとう〜               我がクラスの娘たち

お寺参り

どこに行っても虐められます     みんな仲良し
虐められてます             みんな仲良し

良い風景     とある良い風景
良い風景             とある良い風景

 ※一時期私が日本から持ってきたパソコンの調子が悪くなり、ブログに写真を載せたりコメントを閲覧できなかったりと散々な状態が続いていましたが、ようやくこれらの問題を全てクリアできました。これから一杯面白い写真を撮っていこうと思います。
posted by 国際交流室スタッフ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際交流室スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

クラスのメンバーで山登り

 こんにちは〜exclamation×2とてもお久しぶりなキヨトですわーい(嬉しい顔)

 10月26日(金)クラスのメンバーで紅葉を見に北京郊外の香山という場所へ行きましたるんるん最近の北京は気温が急に下がり始め、夜間はすでに真冬並みの寒さで(5℃前後)、夜道を歩いていると顔がピリピリと痛みを感じる程ですあせあせ(飛び散る汗)

 山登り当日、不運にも天候が優れず霧がもの凄い(因みに北京はこの時期が一年の中でも一番霧の濃い時期だそうです)exclamation私のクラスの目的としては「紅葉を眺める」ということなのですが、来週まで延期してしまうと葉が枯れてしまうとのことふらふらそれじゃあつまらないので今日しか無いと寒い中皆頑張って山を登りましたるんるん

 結局は最初の目的とは逸れて合計20人ほどの大勢でワイワイおしゃべりしながら歩いている最中、誰も紅葉に関する話をしなかったように思えましたexclamation&questionま、楽しいかったので別にいいのですが…目

 この香山は麓から頂上まで約2400段の階段から成っており、頂上まで登るのにとても休憩なしでは登れないので階段に座って休んでいる人をたくさん見かけることができましたいい気分(温泉)気温は15℃に達しないほど寒いのですが、登山者の中にはTシャツ一枚、汗だらだらで登っている人もいましたぴかぴか(新しい)

 やっとの思いで頂上に着いたと思ったら案の定、あまりの霧の凄さに景色という景色らしきものは一切見えませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)その上頂上には人が大勢いてとても落ち着いて時間を潰すことができないのでさっさと下山しようということになり、20分も頂上にとどまることなく泣く泣く下山して行きましたあせあせ(飛び散る汗)

 今回のようにクラスで活動するのは初めてではなく、皆と一緒に博物館へ見学に行ったり、夜ご飯を食べたり、酒を飲んだりと交流を深めてはいるのですが、今日の山登りが今までで一番「交流を深める」という意味で効果があったように思えましたぴかぴか(新しい)

 最近の私の生活はというと本当に毎日勉強勉強また勉強(一週間に一度ほど息抜きで酒をたらふく飲みますが…)ひらめき北京に来て幸いなことに友達に恵まれ、毎日親しい中国人の側にいて中国語を喋って生活をしていますぴかぴか(新しい)ひとまずこの先一番の目標は11月25日のHSK試験で私が受ける初等・中等試験で最上級の8級を取得することです(高等は9〜11級)爆弾

 また自分の悪い癖が…たらーっ(汗)公表したからにはベストを尽くしますexclamation×2応援していただけると幸いですいい気分(温泉)

 それではまた何か面白いことがありましたら更新します手(チョキ)ではまた手(パー)



 追伸:なぜだか分かりませんが、またもや自分の更新したブログを閲覧できるページに接続できなくなりましたふらふらコメントを書いてくださっている方、返信できません、ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)
 そして写真を載せようと試みたのですが、これもどうも上手くいきませんたらーっ(汗)今まではできてたのに・・・。これからは色々なインターネットカフェで接続できるかどうかも試してみたいと思います。
posted by 国際交流室スタッフ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際交流室スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

唐山まで友を訪ねて

 こんにちは〜exclamation×2ようやく北京も涼しくなって来て過ごしやすい毎日を送っているキヨトですわーい(嬉しい顔)

 今回は十・一(中国の建国日を記念した一週間ある長期休暇)で大連理工大学留学の時に知り合った友達の故郷、唐山旅行について書いてみたいと思います目

 以前から私は広島経済大学に交換留学生としてやってくる中国人との交流に興味を持っていましたダイヤある学期の経済大学へ来た中国人留学生と仲良くなり、今度は私が友達の大学、大連理工大学へ留学に行った時にその友達から邱(キュウ)さんを紹介してもらって相互学習を重ねていく内に仲良くなり、今回の十・一で故郷に来ないかと誘われた訳ですいい気分(温泉)相互学習とは私が相手に日本語を(邱さんは日本語学科の学生です)、相手が私に中国語を教えて勉強するという意味ですひらめき

 北京駅から唐山駅まで汽車で20元(約360円)、3時間半の旅です電車唐山は海に面した工業都市で、港と空港が近くにあるので物流面でも優れており、インフラも整っているので最近日本企業進出も激しいということを以前に知りましたiモードそしてそのことを思い出し、汽車の中で友達の大体の故郷を何度も想像しながら友達に会うのを楽しみにしていましたるんるん

 駅で無事友達と合流し、彼女の親戚が車で迎えに来てくれていたので挨拶も程ほどに颯爽と車に乗り込み、街から離れること1時間半ふらふら着いた場所は明かり一つ見えない真っ暗闇たらーっ(汗)車のライトを消すとそれこそ怖くて容易に歩くことができないという状態あせあせ(飛び散る汗)

 もうお分かりでしょう、着いた場所は本当の田舎でしたがく〜(落胆した顔)

 日本の田舎生活というのは小さい頃から祖父母の家で経験しているのですが、中国の田舎生活と言うのはまだ経験したことがなく、家に着いた途端胸が躍りましたグッド(上向き矢印)もちろん最初は動揺しましたが…あせあせ(飛び散る汗)

 友達の家に着いた時間が大体8時前。もう時間も遅いというのに豪華な料理(蟹や海老、味付き牛肉の塊等)を準備していただきましたレストランビールや白酒(アルコール度数約50度ある中国のお酒)等飲みながら邱さんとその両親、私とでワイワイやっていたら、まずは邱さんのお姉さんの家族3人が入って来て一緒にワイワイるんるん

 次は邱さんのお姉さんの従兄弟の家族3人が入って来てまた一緒にワイワイるんるん今度は良く分からないけど(すみません邱さん、覚えられません)、とにかく邱さんの親戚2組、計4人が一度に入って来てまた一緒にワイワイるんるん

 それからも次々とやって来ては出て行き、一時最高で12人位はいたと思いますがく〜(落胆した顔)どうやら邱さんが奇怪な中国語を話す日本人の友達を連れて来たということで近くに住んでいる親戚が面白がって一度に集まってきたみたいです爆弾

 このブログを見ている方は不思議に思うでしょうねexclamation&questionそうなんです、中国では農村部の家庭の親戚は非常に多いのですひらめき邱さんが言うには今回邱さん宅に訪れた親戚は全て父の方の親戚だと言って、母の方の親戚は来ていないというのですexclamation&questionどうやら母の方の親戚は車で2時間ほどかかる場所に住んでいるのでそうそう集まることができないらしく、自分の親戚は全部で30人近くになると言っていましたがく〜(落胆した顔)そんなにたくさんいて、ホントに一人一人の名前全部覚えているのかなと少し不思議に思いましたたらーっ(汗)

 今回は3泊4日の唐山訪問で朝から夜まで友達と一緒に街に出かけて唐山の有名な観光地など観光したり買い物などをしたりしましたいい気分(温泉)この唐山訪問で気付いた意外なことは北京よりも唐山のほうが空気の汚染が進行しているということです。今までは中国の中でも北京の空気がどこよりも汚染が進んでいると思っていましたが、唐山の状況は工業都市とはいえ北京の空気よりも汚染が進んでいるように思えました。

 今回の北京留学中、お金と機会があればできるだけ沢山の場所へ訪れたいと考えていましたが、まさか中国の田舎で生活を体験できるなんて思ってもみなかったですぴかぴか(新しい)

 この場をお借りして、邱さん、本当に私を唐山まで招待してくれてありがとうexclamation唐山で学んだことは決して少なくないですひらめきやはり持つべきものは友ですねいい気分(温泉)これもまた改めて見に染みて分かりましたぴかぴか(新しい)

 今回のブログはここまでですわーい(嬉しい顔)それではまた次の更新まで〜手(パー)

≪おまけ写真≫

唐山市内      友達の家の付近

         唐山市内にある小さな丘の上から一枚        邱さん宅付近


子供達      牛さん鳥さん

               邱さんの可愛い親戚               牛肉と鳥肉




田舎風景
よくある田舎風景



ラベル:中国 北京 留学 唐山
posted by 国際交流室スタッフ at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 国際交流室スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

憂え多き充実した日々

 こんにちは〜exclamation×2毎日充実した日々を過ごしているキヨトですわーい(嬉しい顔)

 授業が始まってすでに1週間が経ちました。北京語言大学での授業レベルを前回の大連理工大学で勉強していた経験から判断すると、「厳しい」の一言です爆弾何が厳しいかというと、教科書の内容は決して難しいという訳ではなく、授業中先生が生徒に対する要求が厳しいのですあせあせ(飛び散る汗)4,5行ある中国語の文を生徒に1,2度読ませた後は、一人一人当てて暗唱させるとか…ふらふら本当にハードですが先生の指導レベルも高く、非常に遣り甲斐を感じている今日この頃でするんるん

 今私はA〜Fまで6段階あるクラスの内のDクラスで勉強しています(A〜Fに行くほどレベルが上がります)るんるんクラスメートは全員で20人。韓国人12人、インドネシア人2人、タイ人2人、マレーシア人2人、オーストラリア人1人、日本人1人という構成になりましたスペード

 この状況で嬉しいことが2つありますひらめき一つは日本人が私一人だけということで、日本語を話す機会が無いということですグッド(上向き矢印)そしてもう一つは20人中4人しか男子生徒がいないことexclamation&questionこれは非常に嬉しいexclamation×2特に韓国の女性軍団が綺麗な人たちばかりなので積極的にお喋りをしていますいい気分(温泉)不純ではありますが、休まず毎日学校に行って勉強したい、中国語能力を伸ばしたいという気持ちは人一倍強い(?)つもりですexclamation

 ここで一つ、私が毎日食堂で食べているものを紹介したいと思います。

ご飯セット2   ご飯セット1

 上の写真は私とルームメイトで一緒に食べた時のものレストラン二つの写真の料理を合わせても15元(約220円)程ですexclamation&question写真内の料理は牛肉のニラ炒めや鶏肉とキュウリ、ニンジンがぶつ切りで炒められているものなどです。見た目は少ないようですが、食べた後まだ足りないという人は決して多くないだろうというのが私の勝手な見解です。因みにほとんどの中国人の女子学生は、ボリュームがあるので上の写真の半分位しか食べていません爆弾

 私が大連で勉強していた時は大多数の留学生が食堂で食事を取ることを嫌っていたので、いつも私一人で寂しく食べていましたが、今回は違いますグッド(上向き矢印)ルームメイトも食堂のご飯を「おいしい」と言ってくれ、いつも一緒に食べていますいい気分(温泉)あーようやく一人ぼっちから開放されたいい気分(温泉)

 話しは変りますが、前回のブログから今回まで様々な出来事が起きました。その中でも一番嬉しいのは偶然と偶然が重なり合って一人の中国人の女性と知り合ったことですぴかぴか(新しい)この方について書くと非常に長くなってしまうので、ここでは書きません。

 やはり中国留学を決めて良かった、心からそう思っています。中国語に関わらず、勉強をすればするほど人と深く関わる機会が増えるなと、遅いながらも気づきました。最近の生活はほとんど変ることなく朝から昼まで教室で授業を受けて、昼食を取ったら夜遅くまで勉強。基本的に一日中勉強勉強また勉強。ただ分かることは一日過ぎることに昨日の自分よりも確実に強くなった実感、これこそ正に血湧き肉躍る感覚、停まらず前進できる力の源であると全身で感じ取っています。



 クサいですね…たらーっ(汗)「私」じゃなくて「文」が…あせあせ(飛び散る汗)



 怠け者の私は絶えず誰かに宣言をして自分を追い込まないと達成できない気がして…(超弱気モード)。ですが、この向上の意味での変化のきっかけとなったのが一人の中国人女性との出会いがきっかけなのでいつかはかいてみたいと思います。

 それでは今回はここまでにしたいと思います。また更新するその時まで〜手(パー)
ラベル:留学 北京 中国
posted by 国際交流室スタッフ at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 国際交流室スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ルームメイトの韓国人

 こんにちはexclamation×2留学生の授業がまだ始まらなくてそろそろ生活に飽きてきたキヨトですふらふら

 今日で北京に来てから早くも12日目になるのですが、北京語言大学は留学生の授業開始が比較的遅いようですあせあせ(飛び散る汗)因みに明後日の(火)からようやく始まるのですが、私のルームメイトの韓国人、金さんによると他のほとんどの大学は既に授業開始しているそうですたらーっ(汗)大連留学中のなかむーさんは私が北京に着いたときには授業が開始しているみたいですし…。愚痴ですみません爆弾勉強に対する欲求が強い裏返しということで理解していただければ幸いですもうやだ〜(悲しい顔)

 さて本題に入りますわーい(嬉しい顔)前回の大連留学と違い今回の北京留学にはルームメイトがいまするんるん名前は上記で述べた韓国からの留学生、金さん。私が9月5日に、彼は次の日の6日に留学生寮に到着しました。彼は中国語を始めてまだ2ヶ月ということもあってほとんど中国語を話すことができません。

 それこそが私の勉強のチャンスexclamationと、私が話す中国語で分からない箇所は別の簡単な言葉で言い換えたり文字を書いたりして意思疎通を図っていまするんるんもしもこれが前回の大連留学同様、一人部屋に住んでいたとすれば、私は今頃寂しさと毎日の充実感の無さに押し潰されていたことでしょうたらーっ(汗)

 話す相手がいるだけで良いのです。それだけで随分と楽しい毎日を過ごしていますぴかぴか(新しい)

 因みに彼はダンスが大好きでほぼ毎晩、他の韓国の友達とクラブへ通い詰め、夜私が寝た後朝起きてみればいつの間にか帰って寝ているという状態ですたらーっ(汗)彼は授業が始まってから一生懸命勉強を始めると言っているのですが、ただただそうなることを祈るばかりですスペード

 ここで一つ気付いた面白いことを紹介してみたいと思いますひらめき

 私は初めて留学生と会って話しをする時に必ず相手に質問することが「中国語どのくらい勉強したの?」です。わざわざ聞かなくても相手と話をしていると少しは相手のレベルが分かるのですが、金さんにこの問いを投げかけてみると答えは「2ヶ月」。

 金さんが答えた「2ヶ月」で大連に留学していた時も多くの韓国人が「2ヶ月」と答えていたのを思い出し、翌日の夜にビールを抱えた金さんの友達(韓国)、沈さんが部屋に入ってきましたビール話をしているとあまり中国語が流暢じゃないので、中国語の勉強期間を訊ねてみたところ、彼もまた「2ヶ月」と答えるのですexclamation&question

 前回の大連留学の時にもたくさんの友達が「2ヶ月」という答えを返して、思わず私は、韓国人は「2」という数字が好きなのか、はたまた「2ヶ月」という数字が好きなのではないかと思いました。

 念のためルームメイトの金さんに「韓国では2という数字にどんな意味があるの?幸運を呼ぶとか何かない?」と聞いたのですが、よく分からないとのことでした爆弾

 もう間もなく授業開始ですので新しい韓国人の友達ができましたら早速この問いを投げかけてみたいと思いまするんるん

 今回のブログはここまでです。それではまた、次のブログ更新のその時まで〜いい気分(温泉)
ラベル:留学 中国 北京
posted by 国際交流室スタッフ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際交流室スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

北京から初ブログです!

 こんにちはexclamation×2前回の半年に及ぶ大連理工大学留学の留学を終え、後半の半年は北京で留学をすることになりましたキヨトですわーい(嬉しい顔)

 初ブログが大変遅くなりすみませんでしたふらふら北京に着いてからというもの、本格的に拠点を築いて暮らすのは初めてなもので(以前に本学の留学プログラムで3日間北京に訪れました)、お金を下ろすATMやインターネットカフェの場所が全然分からず、未だに悪戦苦闘の毎日を送っていますあせあせ(飛び散る汗)

 今回の北京留学にはパソコンを持って来て自分の部屋にインターネットを利用できる環境にしています。前回の大連留学の時はこの原稿を書く時も紙に下書きしてからインターネットカフェで残り時間を気にしながら焦って文字を打っていたのですが、今回は時間に追われることなくリラックスして文章を書くことができるのでなるべく面白い内容に仕上げていきたいと思いまするんるん

 今回の北京からの報告は私の大学と一切関係を持っておらず、私個人が希望をして留学をしているものですから私が留学を終えた後も北京からの報告は多くないと思います。ですから皆さんが中国に対して少しでも興味を持ってもらえるように生の、私が体験した事実をなるべく多く書いていこうと思いますぴかぴか(新しい)

 前回大連にいた時は私が日本に戻る1ヶ月前までこのブログを見てくださっていた方のコメントを見ることができず、返事を返せないままずさんな状況となっていましたが、今回は違いますひらめき

 今大連に長期留学している「なかむーさん」のブログを閲覧、コメントの返信もできることを確認しました。このブログを書き終えたら早速コメントしてみたいと思いますぴかぴか(新しい)

 今回の語学留学の最終目的:12月のHSK試験で9級取得

 もの凄くハードです…ふらふら今私は6級を持っているのですが3つ級を上げるには本当に努力しないと、真面目に勉強にしないと取れるものではありませんふらふら因みに前回の大連留学の時にレベルが一番上のクラスで勉強していた英国人の友達が取得していました。負けてられません。必ず取得してみせますどんっ(衝撃)

 それでは初稿はここまでです。このブログを見てくださっている方々、何か疑問に思うことや知りたいことなどありましたらコメント欄に記入して連絡をくださいexclamationお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

 それではまたブログを更新するその時まで〜手(パー)
ラベル:北京 中国 留学
posted by 国際交流室スタッフ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際交流室スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。